忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/23 21:42 】 |
目標管理を残業で
評価制度で目標管理で評価する会社や企業が有りますが、この目標管理と言う客観的な指標基づき、デジタル的に従業員を評価する評価制度は、給料が上がる時もあれば、下がる場合もあるので、年齢や序列より実力が最重要視されるのですね。この目標管理制度は一年を通じてや半期ごとなど目標をたて、従業員がその目標に向って努力し、その目標の達成度や成果によって、報酬を受けられる成果主義に基づくものですね。

一般的には会社や部門ごとの目標作成と個人レベルへの落とし込みを行い、目標達成度による評価とその評価の報酬やボーナス、翌年での昇給などへ反映させることです。また裁量労働制度への変更なども検討されるのです。

こんな目標管理制度ですので、目標と言う判りやすい評価基準を設けると言う事ですので、同僚と相談したのですが、明確な基準を共有する事が必要なので、残業ばかりの毎日ですので、残業時間をどれだけ抑えるかの目標をたてることにしたのです。こうすれば、時間給で高い人と安い人の差がはっきりして、透明性が高いですので、立てた目標に対して、その成果がデジタルに評価される事になります。そうすれば上司や評価者の裁量が入る余地がありませんから、従来よくあった何となくとかとか、印象で評価が決まる事が無くなります。残業時間が問題視されていますが、要するに経費低減が目的ですから、自分より高い給料の人の残業を減らした方がメリットが有ります。
PR
【2011/02/25 20:56 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>